市政に一緒に挑戦する相棒について

とにかく名前を覚えてもらうのが重要な政治活動。
そんな活動においてもっとも重要なのは「名刺」と言っても過言ではないです。(確信)
そんな名刺を優しく包んでくれるのはやっぱり「名刺入れ」ですよね〜(ちょっと展開に無理あったかな笑)
そんな僕の相棒とも言える名刺入れ、実は僕の友人であり、まちカフェの実行委員長を務めたトンボさん(大月さん)のご両親に作っていただきました!
トンボさんのご両親が営む、「itoko」実はトンボさんのお父さんが身体に麻痺が生じてしまったことがきっかけでリハビリのために始めたそうです。
僕が使ってるレザーの名刺入れは磁石式でもらった名刺を表に挟んで置けるというアイディア製品!
麻痺のリハビリのために革製品を作るようになったそうですが、品質、コスパ、機能性、すべて最高です(^^)
この相棒と共に残り1ヶ月半、走り抜いていきますので、
「なんか広田頑張ってるな〜」って思ってやってください✨
下にリンク貼るのでitokoさんに興味あるかたらぜひ製品だけでも見てください〜あっ、itokoさんは町田市成瀬にあります!